カーボンオフセット

日本興亜損保が1016トンのCO2をオフセットしたとかいう記事があって、なんで損保会社がCO2削減できるんだ? と疑問に思った。

要するに、CO2排出量が多い先進国と、CO2排出量が少なくて排出制限の割り当てに余裕がある発展途上国との間で、CO2排出権をバーターしましょうということらしい。

カーボンオフセットすると、実質上リアルに出したCO2と、オフセット後のCO2の排出量は大きく異なることになる。

CO2を100万トン出している日本と、CO2を1万トンしか出していないタンザニアをカーボンオフセットすると(数字はテキトーです)、両国とも50万トンですということになる。そういう制度らしい。

そのCO2排出権に、プレミア価格がつくから、保険会社とか証券会社が仲介して取引して、手数料やキャピタルゲインを得ることになるようだ。


なんらかの工業生産活動、経済活動を行なえば、必ずCO2は出るので、経済規模を大きくしようとすると、必ずCO2は増える。
CO2を増やしたくなかったら、引きこもって寝てろということになる。
それでは当然金は生まれない。働かざるもの喰うべからずで、餓死するのを待つことになる。

なんぼプリウスが低燃費だといっても、ハイブリッド車を生産するには、旧来の内燃機関車を作るよりも、より多くの資源を必要とするので、車両の生産や原材料の流通まで含めたCO2排出で考えると、CO2排出はほとんど減らないだろう。

CO2を出すヤツは、地球を滅ぼす悪魔だという一般常識を確立した上で、経済活動をすれば必ずCO2が出るというところに網をかけて、そこに税をかけたり、排出権の売買を持ち込む。それがエコビジネスの本質だろう。


税金を払わないヤツは非国民だ! と非難しても、誰も税金なんかホントは払いたくないのが本音。

だが、CO2を出すヤツは地球を滅ぼすKYだ! と非難されれば、削減のための努力をしないわけにはいかない。

そういう特質を指して、カーボンオフセットは21世紀の免罪符商法だと揶揄する意見もある。


というのは、何も自分ひとりで気がついたわけではなく、CO2排出権に高額なプレミアがつくだろうと予測している人は、エコノミストにもエンジニアにも作家にもけっこう居る。
米民主党のエコビジネスのからくりに気がついている人は、かなり居るということだろう。

日本の作家でいくと、池上永一の「シャングリラ」は、典型的な炭素経済の形を予測したフィクションになっている。
カーボンオフセットが、株の売買や、FXなみにポピュラーになったら、そういうカーボニストの時代になるということだろう。

カーボンオフセットは、国際取引が大前提なので、株や為替以上にグローバルな視点が必要になるはず。
時代はグローバルなのだから、特定アジアのしがらみに拘束されて生きるのは、もう古い生き方ということになる。

しがらみに縛られている人々も、しがらみが存在することすら知らずに搾取されている人々も、そこから自由になるやり方がないわけでもないが、誰もがグローバルレベルの生き方を出来るわけでもないので、しがらみを捨てるのは難しい。

現状、既に古い制度になりつつある株の現物取引にしても、それってなんなの? ということを理解している人は少ない。自分も完全には説明できない。

先物や、カーボンオフセットを理解できる知識層と、そーいうのもあるよねって名前しか知らない庶民層とでの情報格差と経済格差は、開く一方だろう。

情報が爆発したが故に、教会が知識独占できなくなって起こったのがルネッサンスだが、情報があまりに多くなり過ぎて全体像を理解不能になったことにより、逆ルネッサンスが起きているのが現代のような気がする。

となると、第三千年紀は、カーボン免罪符に縛られる暗黒のミレニアムなんだろうか?

突然ですが何だか気分がクサクサしてきたので、旅行でも行ってこようかという気持ちになりました。
とはいえ、それ程有給が残っている訳でもないし、そうなると以前、行ったことのあるグアムがいいかな・・・なんて思っています。
思い立ったが吉日・・・とばかりに行ってきましたよ。そんなこんなで楽しかった休日のご報告です。

グアムクラブレンタルで、一式借りて2日目は優雅にスポーツ三昧してきました。
やはりゴルフコースは、景色が美しく空気も澄んでいて最高でした。
日本では早く回らないと後がつかえて来たりしますが、海外ではゆったり優雅に回ることが出来るので、ストレスが発散されてさぁ、休み明けから頑張るぞ、と言う気分になります。 私ってば単純・・・ そしてスポーツの後と言えば何と言っても美味しいビールとお食事。
グアム レストランでは、ハイズ・ステーキハウス 、トニー・ローマなどがリピーターの方々に口コミで人気なようですね。
そう思ってはいたのですが、疲れてしまい敢え無くホテルの中でお食事する事になりました。
ステーキは大好きなので今度はぜひ行ってきたいと思います。
ゴルフ、オンワードポリネシアンディナーショー、ホットスポット グアム、ニッコー サンセットビーチバーベキュー、チャモロビレッジなど数え挙げればきりがないほど、遊ぶ所や美味しいお店がたくさんります。
出来ればゆっくりしてきたいけど、今回も4日間が限界でした。次回もまた、仲良しの友人を誘ってみようっと。

VPr. 『楽々おまかせパック』は、 貴社の商品や社内向けメッセージなどの内容・資料をご提供いただくだけです。
当社から提出するナレーション原稿と絵コンテを元に、プレゼンテーション画面をプロの動画 制作会社のデザイナーが作成します。
その画面をプロのキャスターがプレゼンするハイビジョンPIP動画を、至ってシンプルな流れでお届けします。

最近の投稿


回生ブレーキ
Macと韓国の不思議な関係
人から嫌がられる話
J-SOX
アシドーシスとアルカローシス
Windowsのなぞ Me と Xp と Vista と 7